洗車の上手なやり方

洗車の正しいやり方をマスターしよう

 

 

洗車は綺麗な愛車を維持していく為に、欠くことができないことで、
放っておくと、汚れてる所に錆や傷が出たりしてしまいます。

 

 

洗車も正しいやり方があり、
間違った使い方をすると傷をつけてしまう場合がありますので、
正しい知識を身に着けて洗車をしましょうね。

 

 

 

 

水で汚れを洗い流す

 

 

洗車時に濡れてもいいような服を着て、
洗い流すのに必要な長めのホースで車の汚れやホコリを洗い流します。

 

 

タイヤやホイールの汚れをホースのストレート噴射を使って洗い流します。

 

 

 

 

カーシャンプーで洗浄する。

 

 

カーシャンプーをバケツに入れ、各シャンプーの説明書に従って濃度を薄ておきます。

 

 

シャンプーは原液でなく必ず薄めて、
スポンジにたっぷりと含ませてから洗いましょう。

 

 

洗車用スポンジにカーシャンプーをたっぷりつけ、
片側のボンネットからリアに向かって洗います。

 

 

スポンジは力を入れてこすらず、
優しく磨くようにしましょう。

 

 

作業が終わったら、シャンプーの付着を防ぐ為にホースで流し落とします。

 

 

次に反対側をリアからボンネットに向かってスポンジで洗い、
ホースで全体を洗い流します。

 

 

最後にタイヤ、ホイールをカーシャンプーで洗い、ホースで洗剤を洗い流します。

 

 

ホイールはブレーキングダストといい、
ブレーキ時の摩擦により、
ホーイルに付着し、
この場合だとなかなか汚れが取れないです。

 

 

そういう時は、ホーイルクリーナーを使って汚れを落としますが、
使う時は、スプレーを噴射後しばらく放置し、
汚れを浮かせて、スポンジやブラシを使って磨きます。

 

 

ホーイルキャップがついてる場合は、
取り外して、ホイールをブラシで、
内部はブラシで洗いましょう。

 

 

 

 

車体に傷がある場合は、コンパウンドを使用しよう。

 

 

車体に目立った傷がある場合はコンパウンドを使って目立たたなくしましょう。

 

 

車体にほこりなどの汚れがついてる時に、
コンパウンドで磨くと傷をつけてしまうことになるので、
コンパウンドで傷を補修する前に、まずは洗車しておきましょう。

 

 

洗車の後はよく水を拭き取り、コンパウンド専用スポンジにコンパウンド液をつけます。

 

 

広範囲を一気にやるとムラができるので、少しずつ磨いていき、
磨き終わったら綿製の布タオルで綺麗に拭き取ります。

 

 

表面にざらつきがある場合は、
粘土クリーナーを使い、
優しく磨き汚れてきたきたら、
綺麗な部分を使って磨きましょう。

 

 

 

 

 

次にカーワックス・カーコーティングをかけましょう!