洗車にふさわしい服装について

洗車にふさわしい服装、ふさわしくない服装

 

洗車をする際は、ふさわしい服装とふさわしくない服装がありますが、
どのような格好が望ましいでしょうか?

 

洗車に好ましくない服装で洗車すると
ボディーに傷がついてしまいますので、気を付けましょう。

 

 

では一体どのような服装がふさわしいのか、
ふさわしくないのかについて説明したいと思います。

 

 

洗車にふさわしい服装とふさわしくない服装の例

 

 

洗車にふさわしい服装

 

ファスナーの金具が生地の内側に隠れている作業着。

 

ベルト、ポケットがマジックテープである。

 

動きやすいスニーカー。

 

 

ホームセンターによくあるような作業着があればベストですが、
持っていなければ、トレーナーのように柔らかい生地の服装であればOKです!

 

 

洗車にふさわしくない服装

 

ジャンパーのように金具が備えつけられている服装。

 

金具が使用されているベルト。

 

キーホルダーや腕時計など金属アクセサリー。

 

デニム(ポケット部分に突起物があるからボディーに触れると傷を負う可能性がある。)

 

 

 

 

 

あと服装とは違いますが、爪が伸びてるとボディーに触れた際に傷を負うことがあるので、
爪が伸びていたら洗車前に切っておきましょうね。

 

 

 

服装が整ったら洗車道具も用意しましょう。