洗車の仕方

車内を清潔にクリーニングしよう

 

 

車内ではお菓子などの食べこぼしや髪の毛などが落ちてるので、
そのままにしておくとダニなどの菌が発生してアレルギーなどになりかねません。

 

 

車内は密閉された空間なので、湿気が漂い悪臭が出ることもあるので、
綺麗にクリーニングをすることを心掛けましょう。

 

 

 

 

シートの清掃

 

 

まず始めにシートの上や隙間などを掃除機でほこりを吸い取りましょう。

 

 

 

シートを掃除する時に注意して貰いたいのは、シートの素材を理解するということです。

 

 

スポーツカーに多い樹脂レザー素材のシートは水を吸い込まないので、
水を使った清掃は問題はないのですが、
ファブリック素材のシートだと水を吸収しやすいのでシミが残ることもあります。

 

 

ファブリック素材のシートを掃除する際は、
ブラシや掃除で繊維に入ったホコリを取り除き、
水を使う清掃の場合は雑巾などを使いよく絞って拭きましょう。

 

 

シミなどの汚れがひどい場合は内装クリーナーを使い、
汚れが浮き出た部分を拭き取りましょう。

 

 

 

 

 

 

フロアマットの清掃

 

 

次にフロアマットを外し、土や砂ぼこりを取り除きましょう。

 

 

足回りには靴についた砂ぼこりがひどいので、
ブラシで汚れをかき出し、掃除機をかけましょう。

 

 

汚れがひどい場合は、カーシャンプーなどを使いブラシで汚れを落としましょう。

 

 

フロアマットを洗剤を使って、念入りにブラッシングをかけ、
フロアマットについた洗剤をホースでよく洗い流し、
綺麗に洗剤が取れたら天日干しで良く乾かしておきましょう。

 

 

湿気はカビの原因になります。

 

 

 

 

 

ダッシュボード、ドア、トランクの清掃

 

 

ダッシュボードは専用のクリーナーなどがあるので、
クリーナーを使って清掃をします。

 

 

ハンドルやドアの開閉部分には固く絞った雑巾でよく拭き上げ、
タバコのヤニが染み込んでしまわないようにしましょう。

 

 

フロントガラスや、サイドウインドウは、
ガラスクリーナーを使って清掃し、ムラがでないように気を付けましょう。

 

 

 

 

車内を消臭しよう

 

 

車内は、雨天などの人の乗り降りで一番カビが発生しやすい場所です。

 

 

カビにより悪臭が発生するようになりますが、悪臭がする所といえばエアコンもそうです。

 

 

初夏に久しぶりにエアコンをつけた時に気付くと思いますが、
あの嫌な臭いが雑菌が発生している証拠です。

 

 

エアコンは車内を循環するように涼しい空気が発生しますが、
雑菌も一緒に漂ってるということになるのです。

 

 

悪臭を取り除くときに利用したいのはエアコン消臭剤です。

 

 

エアコンの吹き出し口に向けて噴射するだけですので、
非常に簡単に利用することができます。

 

 

 

 

 

外装、内装をクリーニングしたら、洗車完了ですね!

 

 

 

でも意外と見落とし易い清掃箇所があるのですが、どの辺だと思います?

 

 

その意外と見落としやすい箇所は、
こちらの記事で説明していますので気になる方は是非参考にしてみてくださいね。

 

↓↓↓

 

洗車時に意外と見落としやすい箇所ってどこ?

 

 

 

 

 

 

当サイトがお勧めする一押し洗車用品!

 

 

 

1度の施工で3年間も持続できるので、
耐久性が非常に高く、完全無機質のガラス膜を形成することで、
塗装面の光沢度も上がります。

 

ピカピカレインを施工することで形成されるガラス膜は、
小さい傷程度だったら、塗装面に入り込むので、
傷が目立ちにくくなります。

 

 

⇒スーパーピカピカレインお勧めの理由はこちら