愛車のお手入れ洗車道具特集

愛車は定期的にシャンプー、カーワックスでお手入れをしよう!

 

愛車をいつまでも綺麗に保ちたい!

 

となれば定期的なお手入れ、洗車が欠かせません。

 

 

しばらく汚れを放置しておくと、
時間が経てば経つほど汚れは落ちにくくなります。

 

 

なので定期的に洗車も行い、
カーシャンプーや、
コーティング剤で愛車のお手入れを行う必要があります。

 

 

査定や下取りで愛車を売却する時にも、
買取業者の方も好印象なので、
以外な値段で引き取ってくれることもあります。

 

 

洗車はいつ、どんな時にすると効果があるのか

涼しい曇りの時が最適!

 

洗車は雨天時はしないほうがいいというのは、常識になってますが、
だからといって雨天以外にしておけば全く問題ないという訳でもありません。

 

 

では、いつ洗車をしたらいいの?

 

 

ということになりますが、

 

涼しい曇りの時が一番最適だと言われています。

 

 

洗車中は熱く晴れた日差しだと、せっかく磨いたところも
すぐに乾いてムラが出てきます。

 

なので、涼しい曇りが一番洗車もしやすいのです。

 

 

洗車も洗った所はすぐに水で泡を洗い落としながらやっていくと
ムラも出にくくなります。

 

 

風が強い日は避ける。

 

あとは風が強い日に洗車をすると空中にほこりも舞いやすいので、
ワックスとかかけてもほこりと一緒にかけてしまうことになる為、
傷がついたり、ほこりがついたままで、
綺麗にコーティングもできてなかったりもします。

 

 

洗車道具選び方

 

洗車用品と言ってもカーシャンプーやワックスやコーティングなど種類は多種多様です。

 

最初は戸惑ってしまうこともありますかもしれませんが、
一度どんなものがあるか覚えておけば後はそんなに苦労しません。

 

 

 

それではまず、洗車をする上で基本的に必ず用意しておくものを紹介していきます。

 

 

カーシャンプー

 

カーシャンプーは基本的に泡立ちが良く、泡切れも良くスピーディーに出来るように作られてあります。

 

汚れが激しいとまた話は変わってきますが、洗車時間を短縮できるカーシャンプーが狙いどころになってきます。

 

しかしスピーディーに出来る反面、持続性は劣ります。

 

カーシャンプーでも用途によって様々ですが、
基本的にスピーディーに洗車できるクリーミーシャンプーを選ぶのが主流になってます。

 

 

しかし汚れがひどい場合は、洗浄能力の高いコンパウンド入りのシャンプーを選びます。
長く乗っていれば、水あかやくすみもひどくなりますので、
汚れがひどいなあ、と思う場合はコンパウンド入りのシャンプーと、
軽い傷とかだったら隠すことだってできます。

 

カーシャンプー部門お勧め1位
カーシャンプー S-30(シュアラスター)

ノーコンパウンドなので、車体に優しい。
皮膜を研磨しないので、ワックスが落ちにくい。
1本で洗車20回分と大容量なので、経済的。

 

 

⇒カーシャンプ人気ランキングはこちら

 

 


 

価格 容量 洗浄力(上)/ 使いやすさ(下)
848円〜 1000ml

 

 

 

 

洗車用スポンジ、ブラシ

 

スポンジには洗車用とワックス用がありますが、
シャンプーでの洗車を行う場合は、
洗車用のスポンジを選びましょう。

 

洗車用スポンジはできるだけ穴がたくさん空いてるスポンジがお勧めです。
なぜかというと、磨いてるうちに浮き上がった汚れを引きずり細かな傷が出てきますので、

 

穴が開いてるスポンジで汚れを掴んでやらないといけないからです。

 

それとスポンジは大きめで、適度な柔らかさのあるものを選びます。

 

シャンプーの付属でついてくるスポンジとかは硬めのものが多いですので、
スポンジも別で購入したほうが最適です。

 

タイヤのホイールなどにはブラシを使うとよいでしょう。

 

車の足回りは砂などがついてて、
スポンジで洗ってると砂がスポンジにつき
ボディーを洗ってる時に傷をつけてしまう恐れがあります。

 

なのでスポンジとブラシは使い分けでおくといいでしょう。

 

でもブラシは強く磨くとホイールも傷ついてしまうので、
力を入れすぎて塗装がはがれないように注意してくださいね。

 

 

 

 

 

ふき取り用の吸水クロス

 

洗車のふき取りはとても重要なことで、
水分をきちんとふき取っておかないと、洗車傷ができる原因となります。

 

ふき取りクロスですがこの素材も多種多様であり、
ふき取り時に、細かな異物であっても傷がつきにくいセルロースクロスや、
コーティングをした時でも吸水性がよく、耐久性も優れているポリビニルアルコールクロス、
洗車時の水分のふき取りも、コーティング後のふき取りもできる
オールマイティーなマイクロファイバークロスなどがあります。

 

こういったクロスは普通の布タオルよりも吸水性が優れてるので、
ふき取り回数も減らせて、車の塗装にも優しいというメリットがあります。

 

 

その他の備品としては、脚立や、ホース、バケツなども用意しておくと、
ボンネットなど広い範囲を一気に洗車することができるので、
よりスムーズに行うことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは洗車の持続性や、艶出し、フロントウィンドウなどの手入れについて紹介します。

 

カーワックス

 

カーワックスは何と言っても新車並に艶が出ることが最大の魅力で、
どんなに性能のいいコーティング剤でもこれほどの艶を出すことできないものです。

 

カーワックスは大きく分けて、
固形ワックス、半練ワックス、スプレーワックスとあります。

 

それではそれぞれ特徴を説明していきたいと思います。

 

 

固形ワックス

 

最も艶を出すことができるワックスで王道としてユザーに絶大な人気のある種類です。

 

これは有機溶剤などといった有効成分が艶を出す効果になっており、
最高の艶を出すことができます。

 

値段は他のワックスと比べて高いですが、
その上質な艶は値段以上の期待ができます。

 

半練ワックス

 

固形ワックスよりも艶出しの効果は劣りますが、
研磨剤も配合されてあるので、
同時にクリーナーの役割を果たし、
艶も出しつつ、汚れも落とせるというダブル効果があります。

 

スプレーワックス

 

半練ワックスよりも艶出しの効果は劣るも、
多少の汚れならスプレーして後はふき取るだけのお手軽なワックスです。

 

固形ワックスに1時間かかる車であれば、
その半分の30分程度で作業が済むので効率化を兼ね備えたワックスになります。

 

カーワックス部門お勧め1位
3WDコート

水拭きとワックス掛けが同時にできる。
光沢と撥水性に優れた被膜を形成する。
ワックスの白い粉が残らないので、簡単に使用できる。

 

 

⇒カーワックス人気ランキングはこちら

 

 

 

価格 容量 光沢度(上)/使いやすさ(中)/ 持続性(下)
2100円 150ml

 

 

 

コーティング剤

 

 

コーティング剤でも、大きく分けてガラス系とポリマー系と種類があります。

 

ポリマー系コーティングには、シリコンやフッ素などの合成樹脂が入っていて、
ボディーに塗り込むことにより皮膜を作り保護加工されます。

 

これにより車傷を目立たなくさせ、傷や汚れの予防をすることにもつながります。

 

ワックスよりも持続性は高いですが、
ガラスコーティング剤と比べると劣ります。

 

ガラス系コーティングは、ボディーに塗り込むことでガラス皮膜を作り保護加工されます。

 

ポリマー系コーティングよりは値段の高めですが、
その滑らか艶と輝きはコーティング剤ではもっとも上質であり、
ポリマー系コーティングよりも持続性が長く、性能の高いもので3年位は持ちます。

 

時間は多少かかりますが、
一度やってしまえば傷や汚れがつきにくくなり、
しばらくは手入れをしなくて済みます。

 

 

 

カーコーティング部門お勧め1位
スーパーピカピカレイン

ガラスコート被膜が3年間持続する。
コーティング剤だけど、塗装面の光沢も抜群。
塗装面が無機質のガラスになるので傷が出来にくい。

 

 

⇒カーコーティング人気ランキングはこちら

 

 

 

価格 容量 光沢度(上)/使いやすさ(中)/ 持続性(下)
8780円 25ml

人気洗車道具,洗車選び方,洗車の仕方

 

 

 

コンパウンド

 

コンパウンドは直訳すると磨き粉という意味で、
塗装面を磨いて削ってるので、
削りすぎないようにしないといけません。

 

どこを施工するかによって、
選択肢を異なります。

 

 

場所を選ばず使えるお勧めのコンパウンドは、
リンレイの「4in1コンパウンド」で、
初心者でも使いやすく設計されており、削りすぎや傷をつけにくくなっています。

 

ヘッドライトに施工できるお勧めのコンパウンドは、
Holtsの「ヘッドライト3Dコーティング」で、
ヘッドライトの輝きを1年以上持続させます。

 

バンパー下部など未塗装樹脂部分に適したお勧めのコンパウンドは、
ソフト99の「未塗装樹脂リフレッシュ」で、
表面の白化をクリアにし、硬質なクリア層を形成してくれます。

 

パーツの場所によって選択肢は変わってきます。

 

 

 

ウインドウコート

 

 

ウインドウコートは塗っておくと雨の日の水滴の付着も軽減できるウインドウ専用の
洗車用品です。

 

このウインドウコートは撥水と親水の2パターンがあります。

 

撥水にはフロンンウインドウに適しており、
表面の水を弾き、走行中に受ける風により水が除去されるようになります。

 

親水のほうはというと、こちらはサイドミラーに適しています。

 

雨天時による水濡れでも水の膜を均一化することにより、
歪みのない視界を作り出すことができます。

 

ウインドウコートは、
塗り込むタイプとスプレー式タイプとウォッシャータイプの計3種類です。

 

 

塗り込むほうは、持続性はあるけど、手間がかかりますが、
お勧め商品としては、ソフト99の「超ガラコ」です。

 

撥水効果の持続力があり、年の2回の施工で済みます。

 

 

スプレー式は、逆にお手軽だけど、持続性は短いですが、
お勧め商品は、ソフト99の「ダブルジェットガラコ耐久強化」です。

 

耐久性は塗り込むタイプより劣るも、
スプレー式としては耐久性が高く、
大きいフロントガラスでも噴射する時間はわずか3秒で済みます。

 

 

ウォッシャータイプは、
ウォッシャータンクに入れるだけ簡単便利で手間入らずですが、
お勧めは、即効性と強力な撥水効果がある
ソフト99の「ガラコスーパージャンボ」です。

 

 

 

 

次に紹介するのは車内掃除道具です。

 

車内では綺麗にしていても、
実は飲食による食べこぼしで汚れがひどいこともあります。
そのままにしておくと雑菌が繁殖して、乗車している人にアレルギーが移ってしまう恐れなどもあります。

 

なので、外観だけでなく車内も定期的に掃除することを心掛けておきましょう。

 

 

掃除機

 

車に使う掃除機でも、車載専用のモデルと、
家庭と車と兼用して使用できる充電式のモデルがあります。

 

車載用は車内専用だけあって、
シートの縫い目部分や、エアコンのルバーや、でこぼこした所でも使えて、
吸い込み口が特殊なノズルになっています。

 

一方、兼用してできる掃除機は吸引力では、
車載用よりも優れていたり、愛車の丸洗いなどにも向いてます。

 

 

手軽にサッとやるだけの場合は、車載専用を使うとコンパクト設計なので、
使いやすくお手軽に掃除することができます。

 

こういう使い分けも賢いやり方になるでしょう。

 

価格の方は吸引力の勝る兼用の掃除機で、
価格帯も数万円台になってきますが、車載専用のものであれば、
数千円単位と割と簡単に手の届く範囲です。

 

掃除機部門お勧め1位

 

ピボットオート PAV1205

回転ノズル、アクセサリーで隅々まで掃除!
1,4Kのコンパクトサイズなので使いやすい。
コンパクトに畳めるので収納場所をとらない。

 

 

⇒車内掃除機のお勧めはこちら

 

 

価格 ブランド名 吸引力(上)/ 使いやすさ(下)
5686円〜 ブラック・アンド・デッカー

人気洗車道具,洗車選び方,洗車の仕方

 

 

 

 

モップ

 

掃除機と一緒に購入しておきたい車内のお手入れ商品は、モップです。

 

内装に限らず、外装にも使用可能ですが、
その場合は、大きいサイズで、塗装に傷をつけないモップがありますので、
それを使用するといいでしょう。

 

内装用は、細部にもよく届く
リンレイの「マイクロカーダスター」などを使って、
ダッシュボード、エアコンのルバーの周りなどを
綺麗にしていきましょう。

 

外装に使う場合は、塗装を傷つけない
ソフト99の「エクスイープ」などを使って、
効率よく広い範囲を清掃していきましょう。

 

当サイトが紹介する最もお勧めの洗車用品は?!

洗車用品お勧め総合bP!!

 

1度の施工で3年間も持続できるので、
耐久性が非常に高く、完全無機質のガラス膜を形成することで、
塗装面の光沢度も上がります。

 

ピカピカレインを施工することで形成されるガラス膜は、
小さい傷程度だったら、塗装面に入り込むので、
傷が目立ちにくくなります。

 

 

⇒スーパーピカピカレインお勧めの理由はこちら